点と線

ちょうど今までドラマ見てたわけですけども。


2ヶ月くらい前に、ドラマをやるらしいから小説読みたいと、祖父が親の本棚漁って見つけてたんですが、どうやらなかなか面白いらしく、祖父もこの小説がミステリ本を読むきっかけになったものだとか。
そんな古い小説がドラマになるとはまた面白い話ですが。


主演が北野たけしで、ギバちゃんやら家政婦は見たの人やら、ちょっと出演者盛りだくさんすぎじゃあありやせんか?
おかんも、主人公格いすぎて誰が主演なのか分からんとか言ってたし。
実際そんな感じでしたが。


小説はまだ読んでないので、全然内容わからんまま見始めたはいいものの、非常に小説を読みたくなってしまいましたよ。
明日も続きをやるみたいだけど、その前に読みたくなる・・・。


まぁ、結末は明日のドラマまで取っておこう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード