スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3拍子

3拍子の音楽祭なるものがありました。

ひっそりと告知もなく参加させていただいていたのですが、思えば3拍子の音楽って最近意識して作る事が少なくなっているような気もしました。
というのも、昔・・・それこそ高校時代の頃の話ですけども、民族音楽に走り出した時は3拍子が民族音楽の特徴だとか勘違いしてて(聴いてた曲がほとんど3拍子だったため)、かなり意識して3拍子を作っていました。

当時は、6/8が多かったかも。
大きく分けるより小さく6拍子にした曲だった気がします。
フリーソフトで作ってた頃、どんなの作るかも決まってないのにまず拍子設定を3拍子とか6/8拍子に変更しておいてから始めていたものです。
明らかに頭の中のインスピレーションは極普通の4拍子なのに、それを無理やり3拍子に脳内変換して打ち込むような事もしていました。
今思えば、どうして素直に4拍子にしなかったのか分かりませんorz


最近では、そんなに拍子を意識する事こそ無くなったものの、頭の中にあるものは3拍子である事がかなり多いです。
昔からやってきた事がすっかり頭にこびりついてしまったのかもしれませんorz
ケルトやアイリッシュになると、3拍子とは言わないものの3連符のリズムの曲も目立つので、そういった意味で結構惹かれる所があるのかも。
実際、ケルト音楽は3連符の曲のほうが好きです。


それで今回は、3拍子でアイリッシュに仕上げた曲で参加しました。
勿論3拍子アイリッシュっていうのもありふれたものです。

が、気が付けば私はアイリッシュ音楽って好きなのは好きなんですが、意識して作った事って全然ないなぁ・・・と。
それとなく民族っぽいとか民族楽器使ってる、っていうのはあるけど、本格的に作ってみた事が無いのはなんだかなぁ、と思って挑戦してみたのがキッカケです。
・・・結果的に本格的に作れたというと、少し疑問に残るものなんですけどorz

諸事情につき、サイトでの曲の公開はまだ先になりそうです。
曲のダウンロードは3/4MUSIC Festivalで出来ますのでそちらをご覧ください。
カッコいい曲から泣ける曲まで、素晴らしい作品がたくさんあります。






余談。

一昨日、久しぶりに親子丼なんか作ったんですよ。
醤油が無くなってて、棚の奥に予備の新瓶があったのでとりあえず取り出す。
栓してあるのでまず開けん事にはどうしようもないので、別の棚から開けるやつを探すわけです。

んーっと、開けるやつ。名前なんだっけ・・・えーっと・・・ああ、これこれ。これですよ。




・・・・・・・・・


わたしゃ一体、コ ル ク 抜 きで何しようとしてたんでございやしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。