スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 GP in モンツァ

フェラーリの母国なんですけどねぇ~。
予選はマクラーレンの1・2体勢。
フリーの一日目はフェラーリが強かったんですけど、どうやら形勢逆転のご様子。



マクラーレーンのアロンソがPP、同じく後ろにハミルトンが2番手。
後ろにはマッサ(フェラーリ)が。
BMWのハイドフェルドを挟んで、五番手にライコネン(フェラーリ)。

ライコネンはとんでもない事故を途中で起こしたらしいんですけど、なんとか本戦には参戦。凄い根性だ・・・



決勝は。



スタート直後から疑問を抱く形になってしまいました。
2番手のハミルトンが3番手のマッサを抑えるように幅寄せに近いことをするも、スタートはマッサのほうが上。
前に出る形で第一コーナーに突入だったんですが。

第一コーナーが終わると、そのまますぐ第二コーナー・・・つまり”シュケイン”なわけです。
そのシュケインをハミルトンはショートカットして通過する形になってたんです。
第一コーナー手前までは明らかにマッサのほうが前だったんですけど、ブレーキングでハミルトンがかなり無理したせいか、第一コーナー突入時に形勢逆転・・・、でもオーバースピードだったのでそのまま第2コーナーはオーバーラン、そのままショートカットする形で通過だったんですよ。
結局、その結果はハミルトンが前に立ち、順位は変わらなかったんですが・・・。
これはペナルティ対象だったと思うんですけどねぇ・・・。

レース中にも審議が出てたんですが、結局何も審判が下らなかったのが何とも言えません。



途中にも、デビッドソン(スーパーアグ)がオーバーテイクしようとした時に、同じ場所で(ルノー)が同じ感じでショートカットしてたんでフィジケラすが、それも結局審判下らなかったんですよ。
なんだか、今回のレースは色々と甘かったんじゃないかなぁ・・・と思ってしまいましたわぃ。




途中経過では、マッサがなんとフェラーリの母国GPなのにマシントラブルでリタイヤ。
フェラーリ何やってんだぃ!
マクラーレンは相変わらず順調。
フェラーリのライコネンは、1ストップ作戦(ピットストップを一回で済ませる。通常2回が定石)で挑む。
久々に見たなぁ、フェラーリの1ストップ。
一昨年くらいに4ストップとか異常な作戦に出てたフェラーリの久しぶりな特異体勢。

マクラーレンは2ストップ。
アロンソハミルトンの差が12秒ほど。
アロンソライコネンは約20秒。
お互い1ストップが終わった時点でアロンソが一位、ライコネンが2位でハミルトンの前に。
でも、ハミルトンライコネンの差は1秒以内くらい。
つまりアロンソとライコネンの差が12秒ちょっとくらい。

アロンソのピットタイムを考えるとライコネンがトップに立つのはちょっとキツイか。



・・・とか、考えてたらハミルトンライコネンをまさかのオーバーテイク!!
マクラーレンの1・2体勢に逆戻り。
これには流石にビビりました。
ライコネンはハードタイヤ、ハミルトンはソフトタイヤだったのでブレーキングの差が出てしまったようです。
アロンソはその後、第2ピットをするも、問題なく一位に戻ってそのままチェッカー。

結果はそのまま、アロンソハミルトンライコネンに。




コンストラクターズでは、マッサがポイント無しなので、フェラーリはマクラーレンに大きく差をつけられる形に。

去年の鈴鹿といい、フェラーリは重要なところでトラブル出るなぁ・・・。
緊張すると力が出せないとか言わせませんぞ。
母国でフェラーリはどうにも思わしくない結果になってしまいましたねぇ。




トータル結果は、トップのハミルトン(92ポイント)とアロンソの差がついに3ポイントに(89ポイント)。
ハミルトン危うし。
3位のライコネンも74ポイント。
まだタイトルを狙えないわけでもありません。
なんとも言えない状況になってきました。



次回は私も好きなコース、スパ。
サーキット・ド・スパ-フランコルシャン。
・・・なっげー名前

度胸試しのオールージュを新人ハミルトンはどう走るのか、楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。