F1 予選 in ハンガロリンク

ありえないような事をアロンソがやってしまいましたなぁ。
予選最終ラウンドで、アロンソはタイヤ交換などを終えて時間は残り僅か1:30秒ほど。
(ピットを出た後、コースを一周してから予選タイム計測開始、残り時間が0になっても計測スタートをしていれば記録は残る)


で、交換など終えたアロンソの後ろには同じマクラーレンドライバーでルーキーのハミルトンが待ってたんですよ。
時間ギリギリで、タイヤ交換もしてすばやく出せば、ハミルトンもギリギリ計測が出きる状況での出来事。
ピットクルーが「GO」サイン出したにも関わらず、アロンソピットを出ようとしないんですわ
その場で約10秒ほど、留まってからスタート。
ハミルトンはその後急いでピット作業をして、速攻スタートしたものの、ギリギリ計測ラインまでに時間が足りず、予選はその前に出した計測タイムで終わってしまうオチ。
それでも、その時点でトップタイム。

アロンソは、全て計算通りと言わんばかりにギリギリ計測ラインを通過。
んでもって、ハミルトンのタイムを上回って、予選トップに。



もうこの状況は見たまんまだけど、同じチームメイトにも関わらず、アロンソは意図的に邪魔をしたと見ていい状況でした。
本人は「自分はチームの指示に従っただけだ」と主張。
でも、チームがそんな指示を出すはずがないし、出す意味が分からない。ハミルトンにタイムを出させないのならハミルトンは急いでコースに出る必要すらないんだし。


やってはいけない事をやったって感じですな。
自分はハミルトンには適わない、という事を行動で以って示してしまったんじゃないんでしょうかね。
まだチャンピオンとしての意地があるなら、姑息な事しないで実力で示せばいいだろうに。




・・・・・・と色々思ってたら、FIAもやっぱり黙っておりませんだ。
アロンソはPP剥奪、順位を五番手降格になってしまいましたよ。


当然と言っちゃ当然なんでしょうが・・・、アロンソはこれに対してどう意見するのか。
私としちゃ、この出来事に関わらずハミルトンを応援したい身ですけどねぇ。

PP剥奪のほか、例え入賞したとしてもそのポイントはコンストラクターズには反映されないという踏んだり蹴ったり。
こりゃあマクラーレンのトップのロン・デニスはキレるだろうなぁ・・・と思ったら、デニスはなんとハミルトンを非難。
第二ラウンドかなんかでハミルトンが指示に従わずに前に出たりしたりかなんかで順序が狂ったとかいう話ですが。

なんかマクラーレン荒れてるなぁ・・・。



それと、計測妨害は今回からスパイカーで走ってる山本左近にも。
一番最後の計測の時に、既に計測を終えてアウトラップ中のフィジケラ(ルノー)が前をずっと妨害してるようにしか見えなかったんですよ。

マシンの能力としては、明らかにルノーの方が上だし、本気で走りあったらスパイカーのマシンじゃルノーに追いつけるはずはないだろうけど・・・。
コーナー入る前とか、左近はどうみても前のフィジケラが邪魔でスローペースになってたように見えたんですわ。
フィジケラがアウトラップというのもあって、抑えて走ってたんでしょうけど。
えもそれだったら、本来は計測してるドライバーを前にいけせなきゃいけないはず。
そんな状況を、この二台は計測開始から終了までの、コースまるまる一周をやってたんですよ。
コッチはどうなんだろう。明らかに妨害だと思うんだけどなぁ。

FIAがスパイカーの事嫌ってるのもあるから、何とも言えないけどなぁ。



・・・と思ってたら。
やはり審判が下ることになったそうです。
フィジケラやっぱり5番手グリッド降格かぁ~。
スパイカーもかなり怒ってたし、審議対象にもなってたしなぁ。
まぁ、悪い事したらこうなるって見せしめみたいなもんですな・・・。


予選はPPがハミルトンで、2番手が久々にBMWきましたねぇ。BMWのハイドフェルト。3番手がフェラーリのライコネン
で、ウィリアムズやトヨタが5,6番手にいて、なんとも不思議な予選結果。
決勝面白くなりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード