スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音にしたくなる時

時たま、ムショーにイジョーなまでにどうしよう~~もなく、ピアノに触りたくなりたくなる時が来ることがあります。


別にアコピじゃなくてもいいから、キーボードで事済ます場合が大半ですけども。
っていうか、いきなり自己満足で弾くようなもんだから、アップライトでガンガンやるなんて恥ずかしくて出来たもんじゃないですが……


ピアノ触りたい症候群が現れる状況っていくつかあって、
まず良くあるのがテレビやら何やらで今練習してる曲が流れたりして、自分も弾きたくなったぜヒャッハー……みたいな感じで触りたくなる時。




あと、文──小説でも漫画でも何かに感銘を受けた時に、どうしようもなく音を鳴らしたくなる事があるわけです。
その受けた感銘をそのまま音にしちゃいたいとかそんな気持ちなのかは良ぅ分からんのですけど、とにかく音で表現したくなるのは確か。
こういう時に感銘受けたものって、毎回悲しいとか切ないとか、とりあえず明るいものは少ないのが共通点。
ハッピーな話とか、ギャグとか和み系のものでは何故かそういう気持ちにはならず、とりあえず表現したい音もまた悲しいとか切ないとかそういうものになりがち。
心がゆがみかけてるのですかね(笑




それとまさに今現在の自分の状況だけど。
良い曲に出会えた時。
良い曲って言っても、こればっかりは何故か共通点なし。
どんな曲でも感銘は受けるっちゃ受けるけど、なんかたまに”ビビッ”と来る曲ってあるじゃあないっすか。
聴けば聴くほど良く思えるような曲。
そういうのに出会えた時、どうしようもなく音を出したくなるわけです。
今まさにそんな感じ。何に感銘受けたは内緒(何故



しかしこういう時、キーボードに前に立つはいいものの、ふと思うわけです。
何を音で表現したいんだろう? と。
その曲をそのまま弾いてみたいのかも知れんです。
その曲を弾いてどんな風なのか研究したいのかも知れんです。
もしくは、そんな曲を作りたくなったのかも・・・と思うこともあるのですが、その場でキーボードの前に立ってもそんな曲を作る事なんて出来るはずもなく。
真似事だったらいくらでも作れるけどそれじゃ自分の曲じゃないし、とはいえこの心境下でその曲を上回ると思える曲なんか99%作る事は出来ず。

結局どんな音が出したかったんだろう……っていうのが今まさに感じてる心境。嗚呼歯がゆい……(笑
しかし本当に良い曲なんです。



歌モノに惹かれる事もあるしインストでも勿論惹かれるけど、いてもたってもいられなくなる事は歌モノを聴いた時に多い。
・・・多いんですが!!!
歌詞を覚えてる事って案外少ないんです。
フンフンフーンで歌えるんだけど、歌詞が全然思い出せないとか良くあります。
メロディに惹かれたというよりは、多分”人の声”に惹かれる事が多いんだろうなぁと思う。
特に女声の曲が多い。ハッキリした声というよりは静かな感じの声のやつ。


こういう時に受けた気持ちって、一晩経っちゃうとスッカリ冷めちゃってたりして、また聴き直してもすぐにピアノの前に立ちたい!とか思わなくなったりしてるから困ったものです。
だから聴いたり読んだりした時にすぐその場で音にしたくなるのかも知れんのですけど、結局その場じゃ音に出来ない葛藤ががが。

困ったものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。