里帰り二泊三日

田舎から帰ってまいりました。
3年ぶりの里帰り。
多少田舎ナマりがうつってしまって、ほんじゃからにぃとかほざくレイです、こんばんは。

会津ですよ福島ですよいいトコですよ。
水曜から行ってきやした。
田舎1 田舎2 田舎3



さすがにこの時期は全然電車混んでないね。3年前ン時はお盆だったから座れるか否かの瀬戸際だったけど、今年は4人がけのトコ二人で占領してる感じ(感じわりぃナ)

5,6時間かけてようやく到着。
ぴんぽ~ん

・・・・・・・あれ?

ぴんぽ~ん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・アヒャ?

留守のようです。留守なのに家に入れます。さすが田舎クオリティ!(死
ちょっと出かけてたみたいで、すぐ婆ちゃんが帰ってきたのでホッとしましたけどね・・・

こんな時期だけど、今年がじいちゃんの13回忌なもンで墓参りも兼ねての里帰りってワケです。
去年やっとこお墓を建てたって言ってたけど、なんとも物凄い立派なお墓でしたわ。さすがに写真は御見せできませんけどNE!!(死
・・・ていうか写真撮ってないしな。

そういやじいちゃんいなくなってもう13年か・・・今思えば良い爺様だったわぃ。


夜中にしょっちゅうラーメン作ってたり。クッキー作ってやるとか言って夜中の10時くらいに卵焼き(曰くクッキーらしい)作り始めたり。アンポンタンが口癖だったり。毎日のように「勉強しないとイイもん食えないしイイ服着れない。勉強すりゃイイもん食えてイイ服着れる」と言い続けたり。酒飲みで毎日酔っ払ってて息子(俺のオジサンに当たる人)に蹴り飛ばされてたり。「小学二年生」っていう本を買ってきてくれたけど前日に親父が買ってくれてて2冊ダブってたり。そのあと入院しちゃってその本がじいちゃんが買ってくれた最後の品になっちゃったり。今思えばその本取っとけば良かったなぁとか思ったり。


みんなひっくるめて


いい爺様だったなぁ。


小1,2の時に田舎に住んでた事があって、その時ャ爺様もジーヤもバーヤもみんな居て、夕飯なんか10人だか12人だか大勢で食べたの覚えてるけど、今となっては昼間は婆ちゃんしかいないから、嗚呼寂しくなったなぁとか思ったり、婆ちゃん昼間一人で寂しいだろうなぁとか思ったり。

上記に書いたオジサンは今中国で出張で働いてるので、家にいるのは婆ちゃんとオバチャン(オジサンの嫁さん)とチビ達・・・イトコにあたるチビ達が4人。
まぁこれだけでも大勢だけどね。
このチビ達もまた大きくなったなぁ・・・
一番上のお姉さんが中3で、2つ下に男の子。
その一つ下・・・だから小6か、女の子が一人で、離れて小1の女の子が一人という女系家族(?)。
オジサンが居ないから、その中1の男の子は男一人ってのがまた辛そうだ・・・
実際、初日にリビングのほうで女どもが集まってゴハン食べてる中、居間でゴハン食べてるコッチに無言で茶碗とおかずを持ってきて一緒に食べ始めたり、今日は下で寝るとか言って布団敷いて俺と兄貴の間に挟まって寝てたり。
・・・・・・なんのかんのでまだカワイイなコイツ(笑。3何前の時と比べりゃすっかり大人しくなってたけどまぁこんなもんだわね( ´∋`)
3姉妹のほうもすっかり大人しくなってたけど、小1の女の子は手のつけられんほどオテンバで3年前と変わってなかったわー。ピョンピョン跳ねるわビュンビュン走るわゴクゴクジュース飲むわ(?)バカタレアホタレ叫ぶわ。それでもお姉ちゃん(恐らく一番上の。一番上は姐御肌でドッシリしてる)は怖ぇんだーとか何とか言ってるから怖いもの知らずってわけじゃなさそうだ。
また今度見るときは、また一段とデッカくなってるんだろうなぁ・・・身長抜かれる気はないケドナー!!(何
その中1の男の子も、ちゃんとモノ食ってんのかって言いたくなるほどガリガリで(人の事言えんけど)小さくて、それでも野球部なんか入っちゃってるみたいだから、ぶっ倒れないか心配ですわ(ぇ

まぁそんな感じで二泊三日



浅草の都会からどんどん山に風景が変わっていく様が面白いだとか。

無人駅に降りたら駅員に「切符はゴミバコに捨ててください」って言われたとか。

雨降ってて布団2枚でないと寒くて寝れないだとか。

お墓参りした後塩まくの忘れたとか。

連れてってもらったラーメン屋の辛いラーメンがマジでメチャクチャ辛かったとか。

なんだかやたら空が広く見えたとか。

ばあちゃんはなんだかちっちゃく見えたとか。

そういや肩揉んであげんの忘れたとか。

埃にやられて鼻水止まんなかったとか。

帰りの電車の中からトンボが併走してるの見えて風情感じたとか。

こんなトコ住みたいなぁとか思っただとか。


自分の田舎なのにこんな事言うのは変だけど。


良い思いででした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード