スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士急ハイランドとか

極稀に出現する音楽以外の私事ですが、先日人生初の富士急ハイランドへ行ってきました。

絶叫マシーンなんて学生時代に卒業旅行で行ったディズニーランドのスプラッシュマウンテンが最後だった私ですが、
富士急ハイランドがどういう場所なのかも知らず、
友人に「富士急行こうぜ!」と言われて何も考えず「行く行く!」なんて答えたものですから、あんな場所だと知った時にゃ顔真っ青でした。


富士急
変な加工をしてしまっているせいでおどろおどろしい……。

どんな場所なのかご存知ない方の為に念のため書いておきますと、絶叫マシーンのメッカです。

79メートルの高さから急行かするコースターのフジヤマやら
1.8秒で時速180km程になる異常な速さのドドンパやら
なんかもう意味不明な、ええじゃないかやら
傾斜角度が90度以上という以上な角度の高飛車やら……

なんかそんなコースターが沢山ある所。

正直絶叫マシーンとか全然乗ろうともしない私だったもので、これ乗ったら気絶するんじゃないかと思ってました。
……が、案外平気でした。
というか案外好きでした、あのスリル。
知らない自分を発掘した気分です。

4大コースターで乗れたのは結局フジヤマだけでしたが、あのスリルはくせになりそうです。
また行く機会があれば残りのドドンパ、ええじゃないか、高飛車も乗ってみたいものです。

別の意味で絶叫の戦慄迷宮なるお化け屋敷もありましたが、私はそっち系のスリルは一生かかっても好きになれる気がしないのでチャレンジせず。
未だクリアした事があるのが2組しかいないという絶望要塞はチャレンジしましたが、意味不明すぎて60分並んで6分で終わる羽目に。

なにはともあれ、フジヤマ凄かったです。ありゃもう一回乗ってみたいです。

などと話していたらスリル狂扱いされました。
ほんの数日前まで絶叫マシーン苦手扱いだったのに……。


富士山
富士急で撮った富士山。なんだか幻想的でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。