普段用PCに続いて

先に書いた普段用PCの新調の際からの話です。
ぼちぼちツイッターの方で呟いていましたが、まとめとして。

普段用PCを注文し、届くまでの間に出来る限りの情報集め(windows7の64bitの予定の為)とドライバやその他ソフトの準備をしようと思い、とりあえず作業用のPCでドライバ関連をネットから取ってこようと思ったんですが・・・
何故か起動しない!
というか起動が尋常じゃなく遅い。
デスクトップに移るまでに10分ほどもかかってしまう。

これはなにかオカシイぞと思い、とりあえずリカバリをかけてみた所その時は解決。
・・・が、3日後くらいにまた起動がおかしくなる。
こいつはやばいと思いつつ、今このPCまで無くなるとどうしようもなくなってしまう為、なんとかリカバリを繰り返して、騙し騙し使っていました。
そうして何とか普段用PCが到着し、無事セットアップ完了。

・・・が、間もなく本格的に作業用PCが更なる悪状況に。
オペレーティングシステムがロード出来ないなどと言ってきて起動すらしなくなってしまう。
リカバリをかけても変わらず、これはやばい!・・・と思ったら何故かOSのインストールデスクを入れたままだと起動する謎状況。
良くわからないけど起動するならこっちのもの、急いで必要なファイルを全てバックアップ。
そして動かなくなる前に作業用も注文。
届くまでに一週間ほどですが、その間にやはり完全にご臨終。
起動はしたものの、パーティションを分けたドライブへのアクセスでフリーズ。
かれこれ5年ほど使っているPCです、HDDがもう限界だったんでしょう。

とりあえずこのまま何も出来ないのもいけないので、普段用で余ったHDDを使い、そちらでクリーンインストール。
symphonic orchestraなどのライブラリは別のHDDに入れておいたので、ソフトだけのインストールだけで済んだので助かりました。
これでなんとか4日ほどを持ちこたえ、新PCへ以降。



32ビットと64ビットの違いとOSの違いで色々と手間取りましたが、一応ほとんどのソフトが起動可能となりました。
一部ソフトのインストールが出来ないものもありましたが、それは追々なんとかしないといけないでしょう。
こちらもソフトノインストールにかなり手間取ってやはり3日ほどかかってしまいました。
しかも一度再起不能になるまでにPCがクラッシュしてもう一度インストールし直しになるという最悪の状況まで味わい、様々な試練の末、なんとか全てのセットアップを完了しました。

まだテストくらいしかやっていないので使い心地は不明ですが、それは今後色々と確かめていきたいと思います。

とりあえず今ある不具合としては・・・
・east west製品で一部正常にインストールできない、無理ない形でなんとか起動
・新サウンドカードXonar DGのASIOが正常に機能しない
・Xonarのラインインに繋いだキーボードの音が左右ともに左からしか鳴らない
・ChineeErhuを起動したファイルを閉じるのVSTがクラッシュした状態でCUBASEが終了する
・The Grans2、Symphonic choirsのWord builderが機能しない(そもそも諦めてはいた)

こんな所でしょうか。
恐らく今後も色々出てくるんでしょうが、それはもうその都度対処しかないですねぇ。
何もでない事を祈ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード