スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 GP in オーストラリア

予選結果から波乱の幕開け。

フロントローを独占したのはやっぱりブラウンGP。
バトン一番手、バリチェロ2番。
前季のトップ勢はというと・・・
マクラーレン、やはり不調続きで力を隠していたわけではなく、14番、15番と後方へ。
ハミルトンはギアボックストラブルのため、交換にともない5グリッド降格。
フェラーリもあまりペースがよろしくなく、3ラウンドまで進めたものの、7,9番手とやや中盤へ。
BMWはクビサが4番手でなかなか上位に。
トヨタも6,8番と前回の勢いを保つ。
が、ウイングに異変があったためにウイングを変更、そのためピットレーンスタートとなってしまい、実質最後尾に。
前期好調で今季からレッドブルのベッテルは3番手とかなりの良い結果。今季も期待出来そう。

決勝は。


やはりオーストラリアは第一コーナーで激突の嵐。
バリチェロがスタートに失敗、かなり後方へ下がってしまい、コーナー突入時に後ろから来ていたマシンと接触、バリチェロはタイヤを強くぶつけたものの、マシンに大きな影響はなし(フロントウイングの端に軽い損傷)。
ぶつけられた相手は押し出され、更に逆側にいたマシンと強く接触、フロントウイング損傷、スピン。
さらにそのぶつかった相手もマシンを損傷し、大波乱。
いきなりセーフティになる事は無かった者の、イエローフラッグ。

トップでは、バトンが好スタート。
後陣を大きく引き離して快調な一周目。
その後も揺るがない速さでレースをキープ。

バリチェロも後方へ下がったものの、どんどん前へ戻ってくる。
が、ライコネンをオーバーテイクしようとした際、かなり無茶があったせいか、フロントウイングを更に接触させてしまう。
お互い大きな損傷はなかったものの、バリチェロは早めのピットイン。
フェラーリも、このタイミングでピットへ。損傷があったわけではないので、それが原因じゃないとなれば、10周足らずではあまりに早いピットなので、3ピット作戦か。

ハミルトンは5グリッド降格で、スタート時にコース上では最後尾状態だったにも関わらず、ピットをする頃には中盤よりも前へと順位を上げる。
ここは、マシン以上にハミルトンの競争力か物を言うか。


中盤、ウィリアムズの中島が大クラッシュ。
後タイヤを滑らせてしまい、挙動を失いスピン、そのまま壁に激突。
コース上にパーツを飛び散らせてしまい、セーフティカー導入。


この時点でのトップはやはりバトン、後ろには3番手スタートだったベッテル。
後ろにはマッサがいるものの、今後ピットをしなきゃいけないので、位置的にはどうか。


さらに中盤、ピケがロズベルグをオーバーテイクしようとした際、挙動を大きく乱してスピン、他マシンとぶつかりそうになりながらも、グラベルに乗り上げてしまい、行動不能、リタイヤへ。


終盤、気がつけばバリチェロが4位まで浮上。
後ろにはトヨタのトゥルーリが。
更にその後ろに前季王者ハミルトン。
1,2,3はバトン、ベッテル、クビサ。

残りは4週。
このままいけば非常に若い面子で表彰台になりつつある・・・・・・・が!!!

最後の最後で、クビサとベッテルが接触。
オーバーテイクしようとしたクビサがコーナーをアウトから入り込み、そこにベッテルが衝突。
ベッテルはフロントウイングを大破、クビサも損傷が大きくスピン。
クビサはそのままマシンを進めさせるもダウンフォースを失いマシンをふらつかせて壁に激突してしまう。
同じくベッテルもマシン制御が出来ず壁に激突、タイヤが外れてしまう。
去年の活躍もあって、今季もいきなりやらかしてくれると思ってただけに、残りわずかでこの結果はあまりにも残念過ぎる。
ベッテルのチームラジオの「very very very sorry...」がかなり痛々しかったです。

ここでセーフティカーが導入。
残りは3週、この状況でバトルが出来ず。

セーフティカーがいなくなった時には残りラップが1の状態。
この周でスタートラインを切れば0に。
つまりセーフティカーがいなくなると同時にゴールですよ。
最後はなんのバトルもないまま終わってしまうという、なんとも味気ない開幕戦に・・・。


結果は、優勝がバトン。
2位には繰り上がってバリチェロが。ブラウンGPの1・2フィニッシュ。
3位にトヨタのトゥルーリ。
4位がハミルトン、後方スタートからの快挙ですな。
若い二人で2位、3位だと思えば、バリチェロ、トゥルーリとベテラン勢が舞い込んでくるという、なんとも笑えない結果。

・・・で、レース後にトゥルーリに違反があったとされてペナルティが。
最後のセーフティカー導入時、トゥルーリがミスをしてその時にハミルトンが前に出たそうなんですが、それをまた順位を戻したという作業(SC時はオーバーテイクしてはいけない)が違反扱いになったそうな。
それがあってハミルトンが3位へ。
トゥルーリは苦労人と言わざるを得ない・・・。


なんとも言いがたい開幕でしたが、とにかくマシンかっこわりぃぃーーー!!!
フロントウイングでかいからよくぶつかってたし、なんでこんなんしたんでしょうねぇ・・・。

しかし、マシンとマシンの速さの差は大分縮まっている気は確かにしますな。
競争力がそれぞれ同じくらいなら、これは本当にどこが優勝するかも分からんです。
後は今後の開発力だって実況でも言ってましたが・・・そこはブラウンGPきつそうなんですよねぇ。

そういや、新生チームがポール・トゥ・ウィンをしたのは50年代以来の快挙だそうな。
しかし、ディフューザー問題がまだ審議中なため、この快挙がどうなるかは今後結果が出る時まで分からんです。
イヤな結果にならなきゃいいんですがねぇ。
スポンサーサイト

テーマ : F1グランプリ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。