スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またしても新音源

Colossusに続き、また新音源を購入しました。
同じEast Westのものですが、「Symphonic Choir」です。


これは、いわゆるクワイア(人の声)に特化した音源で
今までの色々な音源にある「アーー」とか「ウーーー」とか、ただそれではなく、
歌われることが出来るという画期的なものです。


最近ではボーカロイドなるものも流行っていますが
私は前からもう、コレが欲しくて欲しくてたまらなかったものです。
なんで買わなかったのかと言われれば、あまりに高かったからというのが第一の原因(むしろこれ以外にない)なんですが・・・。
学生時代に既に出ていたんですが、CUBASEもやっと買い揃えたばかりの当時、10万円超はあまりにも高すぎました。


そんなSymphonic Choir、やっと手に入れました。


が、まず使い方がさっぱり分からなかったのでそこで試行錯誤。
何せ説明書がなかったもので・・・(あっても英語だろうから読めないし)

音の読み込みは出来るものの、ワードビルダー(歌わせるために必要なソフトで、これを通す事で初めて”あ~”という音から歌詞を歌うのに変換される)をインサートすると何故か音が出ない・歌ってない・音程が可笑しくなっている・・・などの不具合に見回され・・・


試行錯誤すること約2週間。


どうやら音源の読み込み方を間違えていたそうです・・・初歩的ミス。


なんとか歌うようになってこれて、一件落着。・・・というわけではないですが、使えるまでに至りました。
サンプルを1つ置いておきます。



Symphonic Choir デモ



試行錯誤したまま作ったものなので、データのほうはほぼベタ打ちですが、それでもなかなかのクオリティを誇ってくれます。
恐るべしSymphonic Choir。

しかし、まだ何て歌っているのか聞き取りづらいとこなどあるし、色々といじる部分が多々あり。
発音の部分をいじると、何故か全体的におかしくなってしまうので、そこは勉強中。


これを使って一曲作り上げたいところですが・・・
まずはメモリを増設する必要がありそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。