M3-2016秋 終了しました

もう大分経ってしまいましたが、M3-2016秋は無事終了致しました。
例年よりも大分寒かった為、前日にやや体調を崩しかけてしまいましたが、なんとか元気に一日を終える事が出来ました。

今回の新作、「終わりの観測者」を手に取ってくださり、本当にありがとうございます。
前作のフルオーケストラシリーズが終わり、今回一段落するかと思いきや、意外にも今までにないペースで作品を手にとっていってくださっり、やや早い段階で完売となりました。
来てくださったのにお渡しできなかった方には申し訳ない状態が続いてしまいました。

新作は現在あきばお~様で委託販売が開始しています。
もしよろしければそちらをご覧いただければと思います。

あきばお~委託先はこちら


今回も朝から0次会と称してコーヒーと朝食を取る集まりをやったのですが、最初私一人だった0次会が気がつけば15人以上集まる大人数となっていました。
そろそろ0次会の会場を考えなければいけませんか……朝からそんなでいいのか私は。

M3開始前にあちこち回って挨拶をしていったのですが、今回は初めてお会いする方が多くててんやわんやしていました。色々とお話したい方もいたのですが慌ただしくなってしまい、それも叶わず。
最近はそんな事が続いていて、ゆっくり見て回る時間が欲しくなってきました。

今回の配置はご近所さんが知り合いだらけで、左隣3サークルは過去作G-minorシリーズの常連、後ろを向けばいつも色々お世話になっているなくふるのお二人と、安心の配置でした。

いつも通り、お手伝いでつばさくんがいてくださり、今回はeight heartをうちのサークルで委託頒布の関係で、最近なにかとお世話になっている8さんも色々と手伝ってくださいました。POPを用意してくださり、本当に助かりました。
そして傑さんもお手伝いしてくださり、なんだか私のサークルは今回かなりの人口密度でした。
つばさくん、傑さん、私は何故か全員ベスト装着で良く分からない謎の統一感でした。8さんの紅一点が眩しいです。

今回もアルバムを交換したり頂いたり(多分交換しないで一方的に受け取ってしまった方がいくらかいるように思います、それについては失礼致しました……)、買いに行ったりで、またとんでもない数のアルバムを手元に持ち帰ってきました。
今少しずつ聴いています。
それと、今回差し入れも凄く沢山頂きました。お気遣い頂き本当にありがとうございます。

そんなこんなでワイワイしつつも無事終了しました。
相変わらず打ち上げは「カオス呑み」です。文字通りカオスです。今回も70人以上が集まりました。
ジャンルも年齢もあれこれ全然違う人たちがあれこれみんなでワイワイ呑むのです。
楽しいのです。

今回のカオス呑みは私はひたすらナンパしてました。
この言い方間違いなく勘違いされますが、ようは次の作品を作るためのナンパをしていました。
来年は、そういう感じのアルバムを作る予定です。……ナンパコンピではありません。
今だからこそ出来ると自信を持って言える気がするので、しっかり作成していきたいところです。
おそらくそれは来年の秋、一年後になると思います。

その前に来年春、M3に当選すればまた新しいアルバムを作れればと思っています。
おそらく、春は二作品同時発表になります。


それでは、今回も本当にありがとうございました。
また次会、よろしくお願い致します。


おまけ
おわり

曲作りながら色々描いて遊んでいましたが、最後に描いた終わりの観測者。
スポンサーサイト

西予市ジオパーク表彰式

3月26日に行われた「西予市ジオパーク楽曲コンテスト表彰式」に参加してまいりました。

清水はコンテストに参加していたわけではないのですが、コンテストとは別の形で西予市ジオパークに楽曲提供としてお世話になっているのがあり、今回表彰式と交流会にご招待いただきました。

西予市ジオパーク表彰式1

場所は日本橋にある東京日本橋タワー。
日本橋の駅構内がさっぱり分からなくて、ものすごく迷いました……。


西予市ジオパーク表彰式2

この建物の27階。高いです。
目の前にある建物のヘリポートよりも高いです。というかヘリポートって・・・東京にはそんなものがあるのか。
そして奥に見えるのはスカイツリーです。東京の景色は凄い。
神奈川県民ですが。


受賞をした楽曲は本当にどれも素晴らしく、とても良い刺激になりました。
私も頑張らねば。


そして、表彰後の交流会では審査員長である植松伸夫さんとお話をする機会も。
突然の出来事だったので緊張がすごかったですが、とてもにこやかにお話をしていただいて感動でした。

西予市ジオパークの企画は、今後もさらなる発展をしていくようです。
音楽面での更なるアプローチの他にも、別の形でコラボがある予定で、今後がますます楽しみです。

何よりも、もう一度西予には行ってみたいです。
土居家、あれはとても良い場所です。
あの場で一時間はゆったりしていたい……。

新年のご挨拶

新年……といってももう10日も経ってしまいました。
今年もよろしくお願い致します。

ここ数年、ずっとアルバムをオーケストラに縛っていますが、次回でようやく決着がつきそうです。
現在、フルオーケストラのアルバム「Agartha」の最終章を製作中です。
早ければ春のM3に公開が可能です。

M3は今回応募人数が今までで最大となったようで、当選するかがなんとも言えませんが……。
なんとか当選してほしいです。

M3-2015秋 終了致しました。新譜委託開始しています。

一週間遅れの記事となってしまいましたが10月25日に開催されたM3-2015秋
無事終了致しました。

毎回言っている事かと思いますが、回数を増せば増すほど来場者数は増えているようで、今回もかなりの参加者の方がいらっしゃったようです。
特に今回は配置が個人的にはかなり独特で、知人周りのほとんどが近所に配置されていて、見渡す限り知っている顔……という異例の事態でした。
両隣も良く存じ上げている2サークルだったり(二年前の夏コミでお隣だったOriver musicさんとたまに飲みに行ったりするさわゆきさんが両隣)、前も後ろも色々お世話になっている方だったり。
おかげで全く緊張感のかけらもない(良い意味で)状態でM3を迎えることが出来ました。


当日ですが、開始前から喉を潰してしまい、ずっとガラガラ声での対応となってしまいました。あの会場は埃が多いのか乾燥しているのか、いつも喉がやられてしまいます……。
それに加え、午後は妙なダルさと謎の吐き気に見舞われてしまって、挨拶周りの最中大変でした。ガラガラの声に加えてゾンビみたいな顔をしていて、一部の方にとても心配されてしまい、色々とご迷惑をおかけしました。
吐き気が来るのは今回初めてでした……。
体調の事も考えて一部の行きたかったサークルさんのところには行くことが出来ず。次回は必ずご挨拶に行かねば。

なお、体調に関してはM3終了後に外の空気を吸うことで大分良くなり、打ち上げでお酒を呑んだら完全復活しました


M3終了後の打ち上げに関しては、過去最凶クラスのカオス飲みとなりました。
前回50人で割りとギュウギュウ詰めだった打ち上げ会場で再度打ち上げを行い、今回は70人規模の合同打ち上げとなりました。
コンピレーションアルバムが色々なところで同時発表されていて、それらが一同に集まったというのもあるのですが、そのコンピレーションのひとつひとつの人数がとても多いのもあって(40人規模、60人規模のコンピレーションがあった)、もし打ち上げにコンピ勢が全員参加となった場合は100人をはるかに超える人数となるところだったとか。いやはや恐ろしい……。
そんな中、色々な方々とお話が出来、新しい刺激を受け、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。幹事のWinna striveさん、お疲れ様でした。

それと、今回色々な戴き物がありました。ハロウィンだからか、お菓子がいつもに増して物凄い量をいただきました。ありがとうございます。
まさかのウイスキーまでいただいてしまいました。完全に飲兵衛キャラが定着しつつあります。


また、今回の新譜「Agartha - The battles -」に関しては、当日持ち込み分が完売に至る事となりました。
前情報で”確実に余る量持っていくから取置などしなくても大丈夫”などと言ってしまいましたが、まさかの事態でした。とても喜ばしい事ではありますが、反面来ていただいた方にお渡しする事が出来ないのがとても心苦しくもあります。
この反省も踏まえて、次回からは取り置きを実施しようかと考えています。


新譜に関しては委託販売が開始しております。
既にD-stage様にて、今後あきばお~こく様でも委託販売がされる予定となっております。

D-STAGE


次回M3は春ですね。
次回作は……? 果たしてどうなるやら。


この度もスペースに来てくださり、作品を手にとってくださり、ありがとうございました。

新曲 "Capture the stronghold"

少し前になりますが、Sound Cloudに新曲をUPしました。


・Capture the stronghold



新曲……とはいえ、M3春に頒布された月曜日締め切りコンピ収録曲でもあり、次回Agartha -The battles-収録予定曲でもあります。
次回はBattleとタイトルは付けていますが、いわゆる戦闘BGM集ではなく、戦いをテーマに様々な場面をイメージした内容となる予定です。

楽曲はもう半分以上仕上がっていて(最終調整はまだですが)、M3に当選が出来れば秋に頒布開始が出来る見込みです。
今回はまたサークル応募数が多くなったようですが、当選結果はどうなるか、ですね……。
当選するのを祈りばかりです。
プロフィール

清水 嶺

Author:清水 嶺
DTMによる作曲。
ヒーリングやニューエイジをメインに、ワールドミュージック・ジャズ・オケ等ジャンルに拘らず作曲しています。

個人サイト:
Unknown-Dimension

CD作品情報

ブログ内検索
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
Discography


























RSSフィード